HOME>特集>購入手続きに入る前に入念な下調べなどが必要です

目次

用意しておきたい事は何か

演奏

新品ではなく、中古ピアノを購入する際には、色々な選び方について知っておく必要があります。まず備えておきたい知識に、どちらのタイプのピアノが今の自分に必要かを知りましょう。本格志向のグランドピアノか、価格重視のアップライトピアノか、店舗等に行く前に目星を付けておく必要があります。

ドアから搬入出来るものか

演奏

ピアノは価格的にもサイズ的にも非常に大きな買物になります。良いと思った中古ピアノをその場で購入してしまい、自宅のドアから搬入出来ずに大変な思いをしないよう、選び方の項目にピアノのサイズを付け加えておきましょう。

本体のチェックポイント

演奏

そして、何といっても中古ピアノ本体の選び方を知っておきましょう。傷やがたつきがないかを調べる事は当然ですが、消音機能の有無についても調べておく必要があります。特に、一般家庭で中古ピアノを必要としている場合等は、これは選び方に絶対に追加しておきたい項目といえます。販売されている中古ピアノそのものに付いていなくても、後付け出来るかどうかをお店の人等に確認する事が大切です。

実際の購入の場面で知っておきたい事

演奏

自分なりに決定した中古ピアノの選び方に沿ったものを見つけたら、実際の購入手続きに入ります。その際、購入の申込に当たってそこで町立等のアフターケアを行ってくれるかを知る必要もあります。購入した所のスタッフがアフターケアをしてくれる所の方が、意思疎通がしやすくおすすめになります。

広告募集中